◎イメージ別
   かわいい青
   きれいな青
   モダンな青
   レトロな青
   目立つ青
   ハンドメイドの青
   趣のある青
   伝えたい青
 ◎作家・ブランド別
   イチゴ硝子
   倉敷意匠計画室
   竹若とも子
   鋳技
   東京アンティーク
   なな梅
   丸栄タオル
   よしざわ窯
   我妻 淳
   和雑貨屋
   BUSCH SYSTEMS
   CLASKA mixroom
   DURALEX
   essence
   Flannel
   hitotose garden 
   KG Design
   marimekko
   MILAN
   murasaki
    ness
    petit lykke
    santens
    sagaform
    SAKATA GLASS WORKS
    serholt sweden
    Shinzi Katoh
    stjernestunder
    VANILLA
    Vestli House
    Wik&Walsoe
    2020製陶所
    その他
 Tableware 
   カップ・マグ
   プレート・ボウル
   グラス・タンブラー
 Kitchen 
   キッチン小物・雑貨
 Fashion  
   がま口
   バッグ
   手ぬぐい・タオル
   ファッション小物・雑貨
 Interior
   インテリア小物・雑貨
 Stationary   
   メモ・ノート
   封筒・便箋 
   はがき 
   マスキングテープ
   その他ステーショナリー 
渋くてかわいい、紺色の水玉模様の手ぬぐい/アケモドロ ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺)   

〔アケモドロ〕
    ろうけつ染め手ぬぐい・
            水玉(紺)

   サイズ: 縦 約 34 × 横 約 100 cm
   素材 : 綿100 % (総理)


    → 手ぬぐいの取り扱いについては こちら


  価格:2,160円(税込)

       → SOLD OUT
 渋くてかわいい、アケモドロさんの水玉模様の手ぬぐい/アケモドロ ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺)    ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺) ・ 柄 写真
   水玉模様なのにかわいくなりすぎない、ちょっと
   渋い感じがするのは、その色や、ろうけつ染めの
   持つ味わいのためでしょうか。

     3種の柄で構成されています。 小さめの水玉、
   大きめの水玉。そして真ん中には、白い帯の
   ようなパートがあります。(実物は、それぞれ、
   もう少しずつ幅があります。)
     
 ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺) ・ アップ 写真1    ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺) ・ アップ 写真2
   生地は綿100%の晒。晒の中でも通気性の
   良い、ざっくりとした肌触りの、総理という
   生地を使用しています。
     ろうけつ染め独特の、亀裂模様も味わい深い
   手ぬぐいです。
     
     
 ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺) ・ 写真    
   いろいろな場面でお使いいただき、
   楽しんでいただければ と思います。

   
青い雑貨の店・wisteria storehouse(ウィステリア ストアハウス)
  関連商品はこちら ↓     
   夜長堂/手ぬぐい(音楽隊)    夜長堂/手ぬぐい(ひよこ)    
  〔夜長堂〕
手ぬぐい(音楽隊)
1,296円
  〔夜長堂〕
手ぬぐい(ひよこ)
1,080円
 

 紺色の、水玉模様の手ぬぐい/アケモドロ ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺)
 

 染色作家・アケモドロさんの、ろうけつ染めの手ぬぐい

   アケモドロさんは、沖縄で「紅型」などの染色の基礎を学び、
 現在は兵庫県で創作活動をされている、染色作家さんです。

 モダンなのに、どこかなつかしい。
 そんな図柄をひとつひとつ手染めし、布小物をつくってらっしゃいます。
   「紅型」とは、沖縄を代表する伝統的な染色技法の1つ。 
 「紅」は色全般を、「型」は様々な模様を指しているといわれています。
   「アケモドロ」とは、沖縄の古語で、夜明けとともに空が火に染まり始めたころの、
 美しくも荘厳な様子をさす言葉なのだそうです。

   ろうけつ染めは、普段のアケモドロさんでは行わない技法です。
 アケモドロさんの作風に、ろうけつ染めの味わい深さが加わって、

 新たな魅力を生み出しています。
   「ろうけつ染め」とは、模様の部分をろうで防染し染色する伝統的な染色法です。
 日本では、正倉院宝物にも見られるなど、古くから行われてきました。
 着物などの反物の染色にも、よく使われる技法です。
   まず、溶かしたろうを布に塗って、模様を描きます。
 染料で、その布を染色し、ろうを落とします。

 すると、ろうを塗った部分は、白く染め抜かれます。
 ろうが乾燥、ひび割れることによって、独特の亀裂模様がつくり出されることも多くあります。
   手染めのため、季節による温度や湿度の変化などで、微妙な仕上がりの差が出てしまいます。
 また、多少の色ムラやにじみが生じることがありますが、「ろうけつ染め」の特徴の1つとして、
 味わいとして、楽しんでいただければと思います。
   ※この手ぬぐいは、ろうけつ染めという技法でつくられているため、
   同じ手ぬぐいでも、風合い、色のにじみ方など、少しずつ異なります。
   あらかじめご了承ください。
   ※こちらの商品は、銀行振込あるいは郵便振替でのお支払いの場合に限り、
  レターパックプラスおよびレターパックライトでの対応が可能です。
   (重みや厚みの関係上、ご注文の数量等により、対応できない場合もございます。)

   → くわしくは こちら をご覧ください。 
  よろしければ こちらも ご覧ください  … 手ぬぐいのススメ
copyright (c) since 2010 wisteria storehouse All rights reserved

 home  view cart

 手ぬぐい・タオル > 〔アケモドロ〕 ろうけつ染め手ぬぐい・水玉(紺)