◎作家・ブランド別
   イチゴ硝子
   倉敷意匠計画室
   竹若とも子
   鋳技
   東京アンティーク
   なな梅
   丸栄タオル
   よしざわ窯
   我妻 淳
   和雑貨屋
   BUSCH SYSTEMS
   CLASKA mixroom
   DURALEX
   essence
   Flannel
   hitotose garden 
   KG Design
   marimekko
   MILAN
   murasaki
    ness
    petit lykke
    santens
    sagaform
    SAKATA GLASS WORKS
    serholt sweden
    Shinzi Katoh
    stjernestunder
    VANILLA
    Vestli House
    Wik&Walsoe
    2020製陶所
    その他
 Tableware 
   カップ・マグ
   プレート・ボウル
   グラス・タンブラー
 Kitchen 
   キッチン小物・雑貨
 Fashion  
   がま口
   バッグ
   手ぬぐい・タオル
   ファッション小物・雑貨
 Interior
   インテリア小物・雑貨
 Stationary   
   メモ・ノート
   封筒・便箋 
   はがき 
   マスキングテープ
   その他ステーショナリー 
 可愛くて、どこか懐かしい、夜長堂さんの手ぬぐい/夜長堂 手ぬぐい(レース)    手ぬぐい(レース)・アップ 写真1
   青地に白いレース編みで作ったような
   模様を描いた「レース」の絵柄を手ぬぐ
   いにしました。
     同じ図柄の封筒よりも、淡い色に仕上がっ
   ています。そのため、同じ図柄でも少し
   違った印象に。
     
 手ぬぐい(レース)・アップ 写真2    手ぬぐい(レース)・写真3
   昔ながらの「注染」という技法で、染められ
   ています。

     紙モノとは、また違った味わいをお楽しみ
   ください。

青い雑貨の店・wisteria storehouse(ウィステリア ストアハウス)
 ◎イメージ別
   かわいい青
   きれいな青
   モダンな青
   レトロな青
   目立つ青
   ハンドメイドの青
   趣のある青
   伝えたい青
 可愛くて、どこか懐かしい、夜長堂さんの手ぬぐい/夜長堂 手ぬぐい(レース)  

〔夜長堂〕 手ぬぐい(レース)

   サイズ: 縦 約 36 × 横 約 92 cm
   素材:  綿100 %


    → 手ぬぐいの取り扱いについては こちら


  価格:1,080円(税込)

       → SOLD OUT
 home  view cart
 手ぬぐい(レース) の 関連商品はこちら ↓     
   夜長堂/手ぬぐい(音楽隊)    夜長堂/角形封筒 五枚入り(レース)    
  〔夜長堂〕
手ぬぐい(音楽隊)
1,296円
   〔夜長堂〕
角形封筒 五枚入り(レース)
324円
 
           
    そのほかの 夜長堂 さん の作品は → こちら


 可愛くて、どこか懐かしい、夜長堂さんの手ぬぐい/夜長堂 手ぬぐい(レース)
 

 可愛くて、どこか懐かしい、夜長堂さんの手ぬぐい

   「夜長堂」は、井上タツ子さんのアートワークです。
   フリーのイラストレーターとして活動後、 日常生活丸ごとを表現活動と考え、
 アートワークの1つとして 「夜長堂」をスタート。
 古道具など生活雑貨を主に扱いながら、店舗を持たずに
 関西を 中心にいろいろなお店やアーティストたちと
 コラボレーション企画などをしながら活動しています。
   大正から昭和にかけて、日本の着物等に、
 欧米の影響を受けた モダンな図柄が流行します。
 その図柄は、日本の伝統的な柄とアールヌーボーやアールデコを
 融合させるなど、 まさに「和モダン」の世界。
 また、当時は、新しく化学染料が用いられるようになった時期でもあります。
 それまでの草木染めでは生み出せなかった極彩色が誕生し、
 ますます表現の幅が広がって行きました。

 明るく派手な色遣い。自由奔放なデザイン。
 そのポップでキュートな柄は、当時の女性達に人気を博しました。
   そんな当時のモダンな図柄を活かし、
 夜長堂さんは「モダン JAPAN 復刻ペーパー」として

 便箋などのペーパーアイテムを作っています。
   可愛くて、どこか懐かしい紙モノ達。
 夜長堂さんの手で復刻されたモダンな図柄は、
 現在においても、人気を集めています。
   こちらの手ぬぐいは、夜長堂さんの「モダン JAPAN 復刻ペーパー」の
 図柄の中から、倉敷意匠さんが何点かを選び、手ぬぐいにしたものの1つ。
 「注染」という、昔ながらの技法で、職人さんの手で染められています。
 懐かしい図柄と相まって、味わい深いものに仕上がっています。
   「注染」とは、明治時代にはじまった染色の技法です。
 布を何枚も重ね、その上から特殊なヤカンで染料を注いで染めます。
 プリントとは異なり、布地の両面が同じように染め上がるのが特徴です。
 1度に数十枚染められるため、現在のように機械で大量に染めることが
 できなかった当時としては、画期的な大量生産の方法でした。
   大量生産といっても、その工程は、
 手ぬぐい1枚ずつに糊付けをするなど、非常に手間の掛かるものです。

 季節や気温など状況の変化に応じて、糊の配合や置き方、布の重ね方、
 染料の配合や注ぎ方を変えるなど、すべてに職人の技が生きています。

 また、染め上がった手ぬぐいは、1枚ずつの風合いも違えば、色のにじみもあります。
 いずれも、注染の手ぬぐいならではの魅力としてお楽しみください。
   ※この手ぬぐいは、注染という技法でつくられているため、同じ手ぬぐいでも
   風合い、色のにじみ方など、少しずつ異なります。
   あらかじめご了承ください。
   ※こちらの商品は、銀行振込あるいは郵便振替でのお支払いの場合に限り、
  レターパックプラスおよびレターパックライトでの対応が可能です。
   (重みや厚みの関係上、ご注文の数量等により、対応できない場合もございます。)

   → くわしくは こちら をご覧ください。 
  よろしければ こちらも ご覧ください  … 手ぬぐいのススメ
copyright (c) since 2010 wisteria storehouse All rights reserved

 手ぬぐい・タオル >  〔夜長堂〕 手ぬぐい(レース)